介護施設でボランティア施療会を開催しました

江戸川区の介護施設でハンドケアのボランティア施療会が開催されました。
参加された方は30名以上。多くの方に施療を受けていただきました。
短い時間ではありましたがスタッフとの会話を楽しみ
ときには笑い声も聞こえてくるほどの温かい雰囲気でおこなわれました。
中にはその日に初めて施設を利用された方もいらして
「施設に通って本当に良かった」という嬉しい声も聞かれました。
施療スタッフとして東京療術学院の在学生・卒業生に多数お越しいただきました。
経験豊富なスタッフ陣でしたが、シニアの方々との交流の中で
新たな刺激や気づきを得られたようです。
東京療術学院ではボランティアスタッフを募集しています。
スタッフ登録をしていただいた方に優先的に募集のご案内をします。
現在、非常に多くの協会員様にご登録いただいています。
ご希望の方はお問い合わせください。

3/17(日) オステオパシーセミナーを開催しました

オステオパシーとは人間本来の持つ自然治癒力を引き出すことを主眼 とする自然療法です。
今回のセミナーではオステオパシーの手掌感覚訓練などを実際に行いました。
参加者の皆さんからも「圧痛点を緩める姿勢を見つける動作が本日の肩の 例で、とてもよく分かりました」といった感想を頂きました。
なお東京療術学院主催のセミナーは 学院生に限らず一般の方も、ご参加いただけます。
見学も歓迎です。
ご興味のある方は東京療術学院事務局まで、お問合せください。

3/11(月) 経絡ヘッド&フェイシャルケアセミナーを開催しました

今回のセミナーでは頭・顔=脳・五官(目・耳ほか)から起こる
様々な 症状に対して経穴効能穴でのアプローチ方法を学びました。
特に頭・顔の施術を行うことで肩こりや眩暈といった
身体の不具合を緩和させる手法をご紹介しました。
参加者の皆さんからも「春の肝の気を整える効能穴の施術方法がとても
勉強になりました」といった感想を頂きました。
なお東京療術学院主催のセミナーは
学院生に限らず一般の方も、ご参加いただけます。

3/7(木) PNF整体テクニックセミナーを開催しました

痛みの原因の9割は関節を覆う膜の不具合(弾力の異常)と言われています。
PNF整体は関節被膜を緩めるだけではなく引き締めることができるテクニックです。
今回のセミナーでは関節を覆う膜の不具合の調整法を、ご紹介しました。
参加者の皆さんからも「先生のお話が楽しく講義に引き込まれました」といった感想を頂きました。次回も是非ご参加ください。
なお東京療術学院主催のセミナーは 学院生に限らず一般の方も、ご参加いただけます。
見学も歓迎です。 ご興味のある方は東京療術学院事務局まで、お問合せください。

3/6(水)筋連動整体セミナー

今回のセミナーでは神経への刺激(触る・なでる・たたく)が
筋肉にどのような影響を及ぼすのかを実際に実技を行って確認しました。
参加者の皆さんからも「軽擦だけで動きが良くなったり軽くなったり
驚くことがたくさんありました」「軽擦の重要性が大変よく理解できました」といった感想をいただきました。次回も是非ご参加ください。
なお東京療術学院主催のセミナーは
学院生に限らず一般の方も、ご参加いただけます。
見学も歓迎です。
ご興味のある方は東京療術学院事務局まで、お問合せください。

3/4(月)効能穴セミナーを開催しました

今回は人体に存在する五気の乱れが様々な状況を引き起こすという東洋医学の考えに基づいた効能穴療法を学びました。
効能穴を学べば様々な不具合に対処できます。
参加者の皆さんからも「季節特有の症状に対応したツボを学べて良かったです」といった感想を頂きました。
次回も是非ご参加ください。